RIZIN10 感想

f:id:frankmir:20180513212838j:image

 

RIZIN10観に行ってきました。

 

感想です。

 



f:id:frankmir:20180513214008j:image

グッズ販売に並んでて観てません。

ドローやったみたいですね。

 
f:id:frankmir:20180513214246j:image

 村田の相手は急遽という事なので仕方ないけど、弱すぎた。見応えなし。

 

f:id:frankmir:20180513214422j:image

ミルコ引退試合の相手を決めるためのヘビー級試合。

試合が始まる前からホーゼンストライクのローションで雲行き怪しくなり、特に見応えもなく判定までもつれ込む始末。

面白くない試合。

 

f:id:frankmir:20180513214706j:image

プラセルがもう少しアグレッシブだと面白かったのに、この試合も噛み合わず。

デリア×プロハースカ、アルブレックソン×プラセルでやってみて欲しい。

 
f:id:frankmir:20180513214939j:image

女版堀口なんて期待を煽るから、今回の試合内容は完全な期待外れ。

ガルシアは弱くないんだけど、いつも塩地合してるイメージ。


f:id:frankmir:20180513215119j:image

KO必須と思われたこのカードも判定。

個人的にはケイプの勝ちだと思ったけど、ホームタウンディシジョンという事で仕方ないとも思う。

ケイプが3R、あからさまに手を抜いてたのがかなり印象悪かった。


f:id:frankmir:20180513215610j:image

石井は前回と違い、かなりアグレッシブに攻めてたけど、軽い軽い。

決定打は金的くらいか。笑


f:id:frankmir:20180513215757j:image

これまでKO/1本が1試合だけ。

残り全部判定で、正直フラストレーションたまりまくりだったけど、クルックシャンクがやってくれました。

離れ際の左ハイ。

音がヤバかったな。痺れました。

失神KO観れたというのもあり、テンション上がりました。


f:id:frankmir:20180513222647j:image

この試合もKOを期待してたけど、残念ながら判定。

この試合といいケイプ×朝倉といい、ビミョーな判定が多い。

ヌネスみたいな猪突猛進型ファイターは観てて面白いね。矢地のいい所全部ヌネスに持ってかれた印象。


f:id:frankmir:20180513222953j:image

判定女王カンナは今回も健在!

決まったと思われた腕十字も決まらず。

判定。

そしてRENA。あんたはちょっと調子乗りすぎ。

カンナよ、もう一度失神させてやれ。この時ばかりは判定じゃなくていいよ。

ついでに榊原も失神させてやれ。


f:id:frankmir:20180513223315j:image

やはり強かった天心。

一本突きに合わせたカウンターの練習をしっかりやってる。

来月はムエタイファイターともやらなきゃなのに、純粋に考えて天心はまさに神童。

中村も、MMAで観たいと思わせてくれる良いファイターやった。


f:id:frankmir:20180513223633j:image

おいおいマジかよ。

この試合をどれだけ楽しみにしてきたと思ってる?

それがまさかの9秒決着って。

こっちは2人の高レベルな試合を観に来たのに。

マッコールは果たしてどうなるのか。

魅力ある選手なだけに、もう1度陽の目を浴びて欲しい。

 

 

12試合中4試合のKO/1本。

おまけに疑惑の判定、メインが9秒。

過去1番のモヤモヤした大会となりました。

RIZIN×福岡×雨の3カードが揃うとロクな事がありません。

 

あと

大砂嵐の参戦

カンナ×RENA

ジョシカク

RISEから来る日本人キックボクサー

やっぱりねぇ、これいらない。

 

RIZINの未来を憂う。

DAZNからUFCもなくなった。

アベマからベラトールもなくなった。

総合格闘技が見辛いこの現状を憂う。

 

 

 

あ、でも前からDAZNには加入してなかったわ。笑

 

K-1 K'FESTA 1 感想

しっかりは観てないです。

観てる範囲で一言感想どーぞ。

試合結果のネタバレありです。

 

f:id:frankmir:20180321205543j:image

 

 

 

 

 

 

卜部弘嵩

トーナメントの為に力温存しながらの戦術が仇になった感じ。特に良いとこ無しの試合内容だった。

 

皇治

今日の2試合で見直した。

ただの口だけ男じゃない事がこの2試合で分かる。スタミナ、根性、凄いな。手数は多いけど、決定打がないのが残念。

是非今後もK1を盛り上げてほしい。

 

 

小宮山工介

テコンドーチックな戦い方で最初は面白かったけど、決勝では終始情けない姿晒して、残念だった。

 

□スアレック・ルークカムイ

ただただ期待外れのタイ人だった。

 

□武尊

「武尊のためのトーナメント」なんて言われてたけど、やっぱり他の選手と比べても圧倒的に強かった。

是非とも天心とやってほしい。

 

□スタウロス・エグザコスティディス

彼の言うとおり、武尊×スタウロスが事実上の決勝戦になった。

2Rの左フックがもう少し入ってたらダウン奪えてたと思う。

 

□郷州征宣

皇治と同じで決定打がなかったかな。

「難聴」というハンデを抱えてるからそこ、今よりも活躍して皆に夢を見させてほしい。

 

□デニス・ウォーシック

なぜこの選手が呼ばれたのか。

最後、魔裟斗に何か訴えかけてたのは笑えた。

 

久保優太

王者になって勝ちに徹する試合しすぎ。

結果、観てる側は退屈な試合になった。

まぁ相手に思う様な試合運びをさせない為のコントロールをするってのは凄いと思うけど。

 

□メルシック・バダザリアン

彼の底が見えたのか、それとも久保との相性が合わなかったのか。

ウェルター級トーナメント時では1回戦で痺れるKOを見せており、かなり期待をされてただけに、今回の試合内容は満足できない。

もう少し様子見かな。

 

アントニオ・プラチバット

どうした。前回のトーナメントの様な覇気がなかった。

結果、良いとこ無しで判定負けしちゃうし。

 

□ロエル・マナート

少なくとも昔からのK1ファンは、ヘビー級の試合は期待してたと思う。

観てて、マジ眠かった。前の試合で睡魔が誘発されたってのもあるけど、全然面白くなかった。

魅力のある選手ではない。

 

左右田泰臣

覆面被り出してなんかよくわからんし、髪伸びすぎだろ。色々とみっともなかった。

 

野杁正明

あんまり彼を強いと思った事はなくて。

ゲーオ戦でも、疑惑の判定だったし。

でも今回はKO勝ち出来て、王者の威厳を保てたんじゃないかな。

 

チンギス・アラゾフ

彼は本物。スピードも音も他の選手とは違うし、最後の左フックのカウンターはあっぱれとしか言いようがない。

 

□木村フィリップミノル

なんだかんだ言って華がある。

屈辱を味わった時期があるからこそ強くなれる、沸く試合してK1を盛り上げていってほしい。打たれ弱さの部分は克服できたのかな。

 

城戸康裕

最後の最後で隠し玉の左ハイが炸裂。

相手が戦績に比例して強いのかどうかは別として、キレイなKOだった。

 

ゲーオ・ウィラサクレック

なんかとてもショックだった。

新生K1代表の1人として間違いなく彼はいたと思う。

果たしてゲーオはどうしたのかな。

また気を抜いてたのかな。

 

□平本蓮

そのゲーオを撃破したのが平本。

ゲーオが弱くなったというより、彼がとても強かったのかもしれない。

野杁とやる資格は十分。

 

ウェイ・ルイ

体調不良に加え、試合に対するモチベーションも下がってたと思う。

やっぱり体重超過なんて水を差す様な行為はしてはダメだよ。

 

卜部功也

ローのスピードも早いし、ストレートのタイミングもバッチリだった。ウェイ・ルイとはお互いの体勢が万全の時に再戦してほしい。

 

武居由樹

久保を圧倒してたね。

才能を凄く感じる選手。強い!

21歳、、K1は若い子が頑張ってるね!

こういう子らが活躍するってのはいい事ですね。

 

久保賢司

入場から大インパクトを与えてくれた久保弟。

兄ちゃん、ちょっと注意してやれよ。笑

兄ちゃんと比べるとどうしても見劣りしてしまう。

 

 

大好きだったK1、以前とは様子が大分違うけど、今と昔、それぞれの魅力があると思う。

武尊の「地上波ゴールデン放送」という言葉、是非とも実現してほしい。

その為には、武尊×天心カードが必要になるかもね。

 

あ、魔裟斗の解説は素晴らしいですね。

では。

RIZIN10 出場選手発表その2

RIZIN10の追加選手発表。

 

□矢地裕介×ディエゴ・ヌネス

□アンテ・デリア×リカルド・プラセル

□石井一成×栄井大進

北井智大×ダルビッシュ黒木

 

・矢地×ヌネス

矢地の相手ヌネスはWECやUFC、ベラトールで戦ってきた選手。戦績から1流とまではいかないものの、噛ませではない。

KOを期待したいけど、なんとなく矢地の判定勝ちを予想。

 

・デリア×プラセル

デリアは6戦全勝。ケガにより2年半ぶりの試合。ストライカー。

プラセルは9戦全勝のグラップラー

データを見るとこの前のプロハースカ×アルブレックソンを思い出す。

ドロ試合だけはしないでほしい。

プラセルの1R1本勝ちを予想。

 

ところで、榊原さん曰く今年はヘビー級を盛り上げていくとの事。

これに関してはホントにありがたい。

格闘技の迫力を味わうにはヘビー級選手の試合観るのが1番。

 

昔のK1やPRIDEみたいに、外人のスター選手を沢山作ってほしい。

 

・石井×栄井

石井は天心に対抗して西の神童と言われてるらしいけど、秋の福岡大会ではとても面白くない試合をしていた。天心とは比べるまでもない。

相手選手の事を知らない中で申し訳ない、この試合には期待が持てない。

それとも石井選手が生まれ変わった姿を見せてくれるのかな?

 

・北井×ダルビッシュ

3.18にあったRISE WESTでチャンピオンになったダルビッシュRIZIN出場権をゲット。

 

おいおい、ダルビッシュって言ったらこいつも秋の福岡大会で見事な泥試合を繰り広げてくれた選手やないか。

これは全く期待が出来んなー。

仮にどちらかがKO勝ちしても、気持ち上がりそうにないなー。

 

なぜRIZINはRISEと提携しているのか。。。

観客サイドの気持ちとしてはキックボクシングは天心だけでいい。

キックはキックの団体で仲良くしとけよ。

榊原のいう幕の内弁当なんて求めてないよ。

K1と手を組むならまだ分かるけど。

また武尊とかフィリップだったりを送り込んでくれるなら楽しみになるけどね。

 

最後にミルコ。

ミルコがベラトールでネルソンとやるらしい。

惨めにやられた借りをしっかり返してやってくれ。

んで夏の大会でヒョードル×ミアの敗者とすればいい。

 

 

残り数カード、どんなものになるんでしょうか。



f:id:frankmir:20180319004939j:image

Mr.Children「here comes my love」感想

もう大分前に配信されたミスチルの新曲「here comes my love」

今更感想なんて、と思わずに読んでください。

また、この曲を知らない人にも読んでほしい。

 

 

さて、ミスチルは『君の膵臓を食べたい』主題歌「himawari」以来の新曲。

  
Mr.Children「himawari」 感想 - タカタカブログ

 

聴いた1発目の感想

「ま~たバラードかよ」

「このジャケットなんなん?今回のジャケはセンスねぇな」

 

ところがどっこい、2、3回と聴いていく内に、どんどん引き込まれていくんです。

 

まさにミスチルマジック。

 

最初のピアノイントロから優しいメロディで始まるんですが

「輝く光じゃなくても~」からメロディ変化、サビまで一気に盛り上げ、爆発させます。

 

バンドサウンドは勿論の事、ストリングスもバッチリ噛み合ってて壮大なバラードとなってます。

 

サビが美しい(TдT)

 

歌詞は、どうも暗い。

愛する人を待ち続ける様な、探し続ける様なそんな歌。

 

当時は「愛する人」「君」を何かの比喩に用いてるのかな、なんて思ってたんですが、後にこれは1つの物語だという事が分かり、そのストーリーを読んだ時は、心が苦しくなり、なんとも言えない感情を持ちました。

 

そのストーリーがこちら。


Mr.Children 「here comes my love」Music Short Film - YouTube

 

「here comes my love」のショートムービーとなっています。

 

まずはこれを観てほしい。

 

 おそらく50%理解できて50%理解できないと思います。

 

その次にミスチルのHPにある「here comes my love」の「シナリオ」を読んでください。約30Pあります。

 

読んだ時、この曲とPVをより一層切なく聴く事、観る事が出来ます。

 

「今回のジャケットセンスねぇなぁ」とか思ってた自分がホントにセンスないですわ!

 

こんな魅せ方してくるミスチルに、今回もヤられました!

 

f:id:frankmir:20180314233626j:image

 

僕が推測したシナリオの結末

↓[ネタバレあり]↓

 

 

 

 

 

 

 

主人公は最果ての場所で死んじゃったんでしょうね。

んで、花ちゃんが迎えに来てくれた。

 

一見、「死後でも会えたからよかった」と思うけど、それまでの何十年間の事を考えるといたたまれない気持ちになりますね、、。

 

 

とても一途で、だけど厳しく悲しい物語。

しかしながら、この曲だけで色々と思う事ができました。

流石ミスチル

 

アルバム楽しみにしてます。

 

ベラトール194 感想

f:id:frankmir:20180217220805j:image

ベラトール194 メイン5試合の感想です。

 

 

フェザー級

○タイワン・クルクステン×

                                         ホセ・プラズ●

 

お互いにベラトール2戦目との事で、気合いは十分。

クルクステンは前回、衝撃のフライングニーでKO勝ちをしており、今回も鮮やかに勝利してアピールしていきたい。

1Rからクルクステンはテイクダウンに成功し、肘とパウンドを打つ。

プラズは早速のピンチ。

2Rも同じ様な展開で、プラズガードのまま抵抗できず、レフェリーストップでTKO。

クルクステン、勝ったけど煮えきれない様子。確かにあれじゃ自分の試合運びを反省するかも。

膝蹴り一閃の豪快KOなんてなかなか出来ないよ。過去の勝ち方に拘っちゃ駄目。

 

ライトヘビー級

●リアム・マクゲリー×ワジム・ネムコフ○

 

 RIZINでも活躍していたネムコフ。

相手は元ライトヘビー級王者のマクゲリー。

1Rからマクゲリーの様子はおかしかったけど、早々にローが効いていたみたい。 

 

いつも思うけど、効いてきたローって、観てて痛々しい。ボディはうずくまった時点で戦意喪失とみなされてストップだけど、ローの場合は選手が片足だけでも踏ん張って戦おうと頑張る。その姿が本当に苦しそうで、大沢ケンジの言う通りまさに拷問ショー。

マクドナルドの一件があるので絶対はないんだけど、ローに対してのレフェリーストップはある程度基準を決めてた方がいいと思う。

選手の為にも。

ネムコフのローに耐えきれなくなったマクゲリーが崩れ落ち、ネムコフのTKO勝ち。

 

女子フライ級

○ヘザー・ハーディ×アナ・フルトン●

ハーディーは元ボクシング王者で、フルトンもバックボーンはボクシング。

求められてるものは殴り合い。

その求められてる事以外をしてしまうと、こんなにも面白くなくなるんだという事を教えられるかの様な試合。

フルトン側からするとボクシング元王者と殴り合うなんて危険→それ以外で。というプランになるのは分かるけど、ならもっとテイクダウンとグラウンド技術を磨けよ。

判定でハーディの勝利。くだらない試合。

 

ライト級

○パトリッキー・ピットブル×

                             デリック・カンポス

 

泥試合の後にこういう目の覚める様な試合があるから格闘技は面白い。

テンプルに綺麗にヒットしてからは、あっという間の出来事。

フラフラのカンポスを追い詰め、見事マットに沈める。

格闘技はこうでなくちゃ。

 

ヘビー級

ロイ・ネルソン×マット・ミトリオン○

 

個人的にこの試合にはミトリオンに勝ってほしいと思ってた。ミトリオンが決勝まで勝ち上がり、もうひとつの山から勝ち上がってきたヒョードルと再戦、ヒョードルが前回の雪辱を果たして優勝、というのが僕の願い。

 

さて、ミトリオンはネルソンへ有効打を何発も当てて1,2Rを奪うが、3Rはネルソンが意地を見せ残りの3分間はグラウンドの状態に持っていき、サイドからパウンドを打つ。

お互いガス欠で3R終了後はバタリと倒れたが、前回のソネン×ランペイジ・ジャクソンと比べたら「面白いものにしよう」という気持ちが伝わってきてよかった。

結果、ミトリオンの判定勝ちでブーイングも多かったけど、まぁそうだろなというのが大半の意見だと思う。

おじさん達は体力が持たないので、もしかしたら判定だらけのグズグズトーナメントになるかもしれないが、冷静に考えるとそうなり得る事は最初から分かってた事か。

次回は1番楽しみなヒョードル×ミア。

どっちが勝ち上がるのか、どちらも頑張って!

 

 

RIZIN10 出場選手発表その1

5月に福岡で行われるRIZIN10。

今回よりナンバリングも復活という事。

 

さて、出場選手発表がありました。

 

堀口恭司×イアン・マッコール

マネル・ケイプ×朝倉海

浅倉カンナ×メリッサ・カラジャニス

ウェイリー・ジャン×村田夏南子

 

まず堀口×マッコール。

いきなりRIZINバンタム級の最高級カードをぶつけてきました。

マッコール自身、前回のケイプ戦でモヤモヤしたままだろうから、この試合で爆発してほしい。

しかし冷静に考えると、マッコールは今のノリにのった堀口と戦えるのか??

UFCでDJと試合して以降、明らかに彼の勢いは下火。

敗けは増え続け、約3年ぶりの復帰戦となったケイプとの試合も残念な形となりました。

 

マッコールがどれだけやれるかで、このRIZIN10のイベントは成功するかどうかが問われるといっても過言ではありません。

とにかくどちらも応援しています。

堀口の判定勝ちを予想。

 

 

ケイプ×朝倉。

この2人をぶつけてくるか。

見ての通り、どちらもアグレッシブな試合をするので、1R決着の可能性が高いですね。

フィジカルはケイプの方が高いですが、手数はがむしゃらに攻める朝倉の方が多いと思います。

正直全く読めません。当てた者勝ちですね。

堀口戦で見せたケイプの打たれ強さは脅威的なものを感じたのと、技術を考えてケイプの1RKOと予想。

 

浅倉×カラジャニス。

カラジャニスはアンディ・ウィンにも勝利している様ですが、アンディ・ウィンが強いとは思えない。つまりセールスポイントにはならないと思う。。

浅倉は前大会では、終始攻めの姿勢で挑んでいたので、今回もその姿を見せてほしい。

浅倉の2R1本勝ちを予想。

 

 

ジャン×村田。

 村田の試合を観たいとは思わないし、中井りんに敗れて以来姿を見せてなかったから忘れてた。彼女の対戦相手・ジャンはかなりの強豪の様で、村田はここを凌げるのか。

僕はジャンが勝つに1票。

 

 

他にも那須川天心北井智大がキックボクシングで試合をするらしいが、北井って誰や!

RIZINはどーしてもキックボクシングがしたいんやね。

天心にどっぷり浸かってるRIZIN、それはいいのだが今さら噛ませを天心に当ててもスアキム戦が皆の頭の中には新しく記憶に残ってる中で、5月大会も噛ませだったら酷い事になるぞ。使うなら強豪と戦わせてほしい。

 

大雅とかもRIZINに参戦したりして。

無名ファイター参戦よりよっぽどいいか。

 

 


f:id:frankmir:20180216230212j:image

RIZIN-2017.12.31-感想

f:id:frankmir:20180121214410j:image

ベラトール感想に続いてRIZIN感想。

 

第1試合  一本

○堀口×ケイプ● 

この試合でケイプが偽物じゃない事が証明されたと思う。

それはファイターとしての技術面ではなくフィジカルが。

堀口のカウンターを何発食らっても立ち上がり、果敢に詰め寄る姿勢はお見事。

プロフェッショナル指導の下トレーニングして、経験積めば良い選手になりそう。

少なくとも観客からしたらとても楽しませてくれるファイター。

 

第2試合  判定

○石渡×大塚●

石渡も大塚も意地を見せた良い試合。

大塚のガッツは称賛しなければいけない。

予選ではしょっぱい試合をした2人だったので全く期待してなかった。申し訳ないです。

なので次回も面白い試合してね。

 

第3試合  キックルール KO

○名須川×濱本キャット雄大

キャット弱かったな。

ホントにこの人団体のチャンピオンなのか?

 

第4試合 キックルール KO

砂辺光久×藤田大和

元ボクサーで現MMAファイター藤田とMMAファイター砂辺のキックボクシングルール。

なんじゃこれ!笑

那須川天心に付き合わされすぎ!

 

第5試合 TKO

○RENA×アイリーン・リベラ●

RENAの打撃がヒットでTKO。

・・・相手強いの?

 

第6試合 一本

●マリア・オリベイラ×浅倉カンナ

カンナちゃんアグレッシブに一本狙って見事な腕十字。

カンナちゃんRIZINで初の一本じゃない?

 

第7試合 一本

●五味×矢地○

かつての英雄、五味が満を持してRIZINに登場。 

「今さら五味って」と思ってたけど、やっぱり五味を応援してしまう自分がいた。

チャンスだったグラウンドの時、なぜボディを執拗に殴ってたのだろう。最初から顔を狙ってたらまた違った結果になってたのかもしれない。

お互いストライカー同士なのでまさか一本で終わるとは思わなかったけど、あそこで切り替えた矢地の方が一枚上手だったね。

面白い試合だった。

 

第8試合 一本

○真珠×チェルシー・ラグラース●

あんまり覚えてないけど勝ったねおめでとう。

 

第9試合 TKO

○ミルコ×高坂●

高坂が一丁前な事言ってたから笑えたよ。

ミルコに叩かれまくってて笑えた。

こんな下らない試合をミルコにさせないでほしい。

次戦は是非プロハースカを。

 

第10試合 KO

○名須川×藤田●

天心トーナメントはアッサリと天心の優勝。

藤田にはもう少し頑張って欲しかった。

藤田、今のところ何もかも中途半端。

 

第11試合 一本

●RENA×浅倉○

正直に言うと、これはカンナが勝つと思ってた人の方が多いんじゃないのかな?

RENAを寝かせたら彼女は何も出来ない事は目に見えてたし。

総合の厳しさを知ってもらえたと思う。

 

第12試合 TKO

○堀口×石渡●

強いぞ堀口。圧倒的に強い。

キングオブパンクラシストを難なく撃破。

今のバンタム級で堀口の敵はいないだろうから、イアンマッコールもしくは海外の強豪をどんどん連れてきてほしい。

 

今回の年末大会はバンタム級を中心に良い試合が多かった。

・堀口

・矢地

・ケイプ

・ミルコ

・プロハースカ

アルブレックソン

・タハ

上記7選手の試合は期待できる。

 ・マッコール

・朝倉

・石渡

・大塚

も今後とりあえず注目。

オリベイラも本来の階級に戻した試合で観てみたい。

 

少なくともRIZINに期待が持てるようになったのは間違いない。

朝青龍のモンゴル軍団は必要ありません。

ジョシカクも3試合で十分。

ともあれ5月の福岡大会、とても楽しみになりました。