UFC229 感想


f:id:frankmir:20181007123442j:image

今大会からWOWOW放送復活。

感想です、どーぞ\(^^)/

 


f:id:frankmir:20181007123541j:image

豪腕炸裂ッッ!!

スッゴい試合を魅せてくれた!!

誰もがボルコフの勝ちだと思ったでしょう!

試合終了間近の10秒、ルイスの右ストレートがボルコフに直撃しダウン。

その後が凄い、ルイスよ、まだあんな恐ろしいパウンドを撃てる力と体力を持っていたのか。。。

ここまでUFC無敗で来ていた元ベラトールヘビー級チャンピオン・ボルコフ、ルイスのパウンドで失神負け。

大逆転漢、デリック・ルイス。

コーミエやミオシッチにも大逆転をするのか。見物です!!

 

f:id:frankmir:20181007123602j:image

12位レイエス。レイエスはMMA9戦全勝のイケイケファイター。

7位サンプルー。タイトルにも挑戦しているベテランファイター。

レイエス強いなー。完全に試合をコントロールしてる。最後のカウンターにしてもお見事。あれはどうなんだろう、KOと捉えてもいいんじゃないか?

サンプルーは1Rからテイクダウン奪おうと組みつきにいくけど、レイエスの腰も強く、倒してもすぐに起き上がるし精神的に削られた部分もあったと思う。3Rは意地を見せて打撃を当てていくが、最後にカウンターを喰らいダウン。

ともあれレイエス、これからが楽しみです。

f:id:frankmir:20181007123613j:image

ランキング8位元ライト級王者ペティスvsランキング2位現在10連勝中ファーガソン

ファーガソンプレッシャー強いなぁ。ファーガソンが優位に試合を進める。

2R序盤、ペティスの右フックがファーガソンの顎を捕らえ、ペティス最大のチャンス!!

しかしながらペティスの額のカットが酷く、ファーガソンもその血を浴びて両者血だらけに。傷のチェックが入ります。

チェック後、両者足を止めての殴りあい。

再び血まみれに。ここもファーガソンペースになりながら2R終了。

ペティス、額、瞼にカットが見られ鼻血も酷い。ここでペティス側、セコンドからストップがかかりファーガソンのTKO勝利!

どうやらペティス、拳も骨折している模様。

その中であの試合をするなんて、やっぱり真の格闘家って凄いな!!

ファーガソン「メインの勝者、待っとけ!」と挑戦状を叩きつけ、インタビューを終えます。

これは面白い事になってきた。


f:id:frankmir:20181007123622j:image

 

いよいよ大決戦。

日本で最高に盛り上がった天心×堀口戦が前座に見える程のビッグカード。

MMA戦績26戦無敗ヌルマゴメドフvs元フェザー&ライト級の2階級王者マクレガー。

イメージとしてはまさに寝技vs打撃!

マクレガーは寝技をどう対応していくか。

ヌルマゴもただテイクダウン狙いで攻めるだけじゃ難しい。

1R序盤か仕掛けていきましたヌルマゴメドフ!

マクレガー、テイクダウンディフェンスをするも地を這う様にして奪った片足を離さないヌルマゴメドフ。両足をクラッチしマクレガーを逃がさない状況に。マクレガーは決して体力がある選手ではないので、1Rからこの状況に持っていけたのはヌルマゴメドフの作戦通りではないでしょうか。

2R、ヌルマゴメドフの不意をついたオーバーハンドの右がマクレガーにヒット、マクレガーも体勢を崩します。マクレガーが立ち上がるも少し効いたのかヌルマゴメドフはグラウンドに持ち込みます。ここまで試合運びはヌルマゴメドフが完璧。

かなり激しいパウンドを放ち、レフェリーに止められてもおかしくないのでは?の所まできたんですが、パウンドをやめ次は柔術で攻めます。引き出しが多いなぁ。なんとかマクレガーも抜け出すんですが、かなり体力消耗してます。

3R、マクレガーが打撃でヌルマゴメドフの勢いを止めます。ヌルマゴメドフもパンチを当て反撃するんですが、打撃ではマクレガーの方が上か。ヌルマゴメドフもグラウンドに持ち込みたいんですがマクレガーこれを切って、3Rはマクレガーが優位に。とはいえ、決定的なヒットはなく、ヌルマゴメドフも決して退いてはいないため流れがマクレガーに移る事はなく。3R終了後、ヌルマゴメドフがマクレガーと審判に対して何かを訴えていました。

4R、序盤からテイクダウンを奪い、マウントからのバックに回りチョークを極めマクレガーはタップ。

 

ヌルマゴメドフの完勝です。

マクレガー対策がしっかりと出来ていた印象。

マクレガーも約2年のブランクという事で、自分の動きが出来ていたとは思えない試合の仕方。ヌルマゴメドフに削られたのもかなりあるとは思いますが。

 

試合後、ヌルマゴメドフがゲージ外のマクレガー側柔術コーチに文句をいい、場外に出てしまいそのまま乱闘。マクレガーにもヌルマゴメドフの友人?が殴りかかり、ゲージ内外で大乱闘が起きます。

実況ではマクレガーがヌルマゴメドフのグローブを掴み攻撃の手を止めた的な事は言ってましたが、ヌルマゴメドフはかなり激昂してます。

 

今回の件に留まらず、以前のマクレガーバス襲撃事件から二人の因縁は続いていました。

後味の悪い終わり方です。

運営側もヌルマゴメドフにベルトは渡さず、両者ゲージを後にします。

 

、、、おいおいこれはプロレスかよ!

一体どうなるライト級戦線。

ホントに混沌としてますね。

王者剥奪とまではいかないとは思うんですが、ペナルティは必ず与えられるでしょう。

 

ともあれ今回はヌルマゴメドフに軍配があがったわけですが、このままマクレガーも終わってほしくないですね。

UFCの顔は間違いなくマクレガーでありますし、こんな華のある選手もなかなかいません。

 

UFCのレベルを堪能できた素晴らしい大会でした!

 

RIZIN13 感想


f:id:frankmir:20180930231243j:image

RIZIN13感想です♪


f:id:frankmir:20180930231308j:image

今までと違い、冷静に試合展開を組み立てていくケイプでしたね。

あの乱暴なファイトスタイルが観てて面白いんですが、ケイプのいい所が無くならない戦い方をしてほしい。

今回に関していえばテイクダウンを狙いに行きすぎた感はあるけど、中村の体力を確実に削りながら最後に1本取ったのは良かったかな!

中村もいい試合した!面白かったのでまた観たい!

○ケイプ 1本


f:id:frankmir:20180930231911j:image

キックルール。

元K1王者として大雅にはカッコいい所を期待してたんですが、1年ぶりの日本での試合というのもあったのか、勝ちを急ぎすぎて大振りになってた印象。

原口も結構頑張ってた。

ドロー


f:id:frankmir:20180930232127j:image

浜崎が打撃・グラウンド共に黒部を圧倒してた印象。見事にアームロックを極めます。

女版堀口と言われてるので、強い所見せる事が出来てよかったね。

黒部は今回いいとこなしだったな。

○浜崎 1本


f:id:frankmir:20180930232346j:image

バチバチな打撃戦を期待してただけに、ちょっと肩透かし喰らったな。

トップノイはグラウンドはからっきしでした。

まぁでも朝倉の戦い方は決して間違ってないと思う。打撃には付き合わない、勝ちに徹するという姿勢が見事判定勝ちを呼び込みました。

正直、ケイプといいトップノイといい、疑惑判定と言われてもおかしくない勝ち方だけに次回は完全なる決着を期待してます。

朝倉海 判定


f:id:frankmir:20180930233222j:image

砂辺陣営にとってはかなり残念な試合結果でしたね。

越智が圧倒してました。

最後のKOは良かったんですけど、何せ1,2Rが退屈だったんで、あんまり印象に残ってない。

○越智 KO


f:id:frankmir:20180930235035j:image

とにもかくにも酷い試合。

エンタメ的には笑える試合でしたね。

2人には申し訳ないけど。

大砂嵐はこんな醜態晒すためにMMAファイターになったのか?

準備不足です。

○サップ 判定


f:id:frankmir:20180930235309j:image

ミルコの動きがいつもとは違いました。

それとも年とってずっとこんな感じやったかな?ローやミドルに散らしてなかったので。

マルティネスの圧力に圧されながらも、接近戦ではミルコの業が光りました。

肘でマルティネスの額をカットさせてTKO勝ち。

いぶし銀の様なね。笑

果たして大晦日引退試合になるのか。

その前にネルソンとするのか。どうなのか。。。

○ミルコ TKO(ドクターストップ)


f:id:frankmir:20180930235623j:image 

台風の影響でメインとセミファイナルを早めて電車の時間に間に合うように調整。

KIDを亡くし、悲しみの中戦う美憂。

こればっかりは応援せざるを得ない。

内容からすると漬けて時折パウンドでの見応えはない試合やったけど、ウィンになにもさせず勝利。おめでとう。

山本美憂 判定


f:id:frankmir:20180930235922j:image

ドリームマッチ実現。今大会のメイン。

日本キックの頂点vs日本MMAの頂点。

キックルールという事で天心有利だが、あの堀口ならなんかしてくれそうという期待を皆持ってたはず。

その期待は試合が始まってからも変わらず、天心にパンチをコンスタントに当てていく。

天心もやりにくかったでしょうね。

1Rは僅差で堀口だと思った。

2Rも互いの技が光りヒリヒリする展開が続きます。終盤2度のローブローは正直天心減点でもいいのでは?と思ったけどね。

3R、徐々に堀口の戦い方がわかり始めたのか、天心のギアが入りミドル数発に銅回し蹴りが堀口に当たり、少しずつ天心有利に。堀口も決して退かず。

結果、判定で天心の勝利だが、まさか堀口ここまでやるとは思わなかった。

素直に堀口最強やと思う。

多分次同ルールでやったら天心が勝ちで間違いない、それもKOの可能性も十分あり得る。

けどもMMAルールでやったら天心の勝ち目は0に等しいというのも再認識できた。

結果、2人ともホントに強い。日本が誇るべき2人。だと思いました。

○天心 判定


f:id:frankmir:20181001001005j:image

やはりこの男がやってくれました。

ブランダオンが圧力を掛けてクルックシャンクを追い詰めます。

クルックシャンクも打撃を出すんですが、ヒットもないしブランダオンのペースだし、やりづらそう。

ダロン負けちゃうかなぁなんて思ってたら、飛び膝蹴りでブランダオンダウン、ポコポコパウンドで見事KOですわ!

いや~、やっぱりダロンですわ!

もし彼が全盛期に日本で試合してたら絶対人気出てたと思う。

今の地上波RIZINはダイジェストすら流さない。。。

こりゃダメだ。

ブランダオン、これっきしじゃなく今後もRIZINに出てね♪

○クルックシャンク KO


f:id:frankmir:20181001001422j:image

なんかどっかで観た事あるかの様な試合展開。あーこれは朝倉海と同じパターンや。

ムエタイ選手はホント寝技がからっきしですね。グラウンドに持ち込まれると何も出来ない。加えて朝倉兄弟は腰が強いので尚更。

3Rは未来もスタンドで勝負してましたが、どうせならKOで倒す所見たかったな。

試合運びは素晴らしかったです、フィニッシュを極められる様に頑張ってね。ダウトベックは純粋な殴りあいを観てみたいな。

朝倉未来 判定


f:id:frankmir:20181001001820j:image

やっぱりお前だよ!!

クルックシャンクに引き続き名試合の多いプロハースカ、今回も序盤は様子を観ながらもギアをあげ得意の殴りあいに。

殴りあいになったらホント強いなぁ。

今回も力でねじ伏せ見事勝利です。

これは大晦日、ミルコ×プロハースカでほぼ間違いないのでは?

正直ミルコが今のプロハースカに勝てるとは思えないんですが、どちらも応援したいと思います。

○プロハースカ KO

 

 

RIZIN13、期待し過ぎた所はあるかもしれませんが、面白かったです。

強豪をどんどん連れてきてくださいよ!

ベラトールの選手を出せるのであればどんどん出してくださいね!

 

晦日、どんなカードが組まれるのか期待!

キックトーナメントはいらん!

では!

 

 

 

ベラトール206 感想


f:id:frankmir:20180930112604j:image

ベラトール206感想です(^^)


f:id:frankmir:20180930112742j:image

ガストン・ボラノス×イシドロ・グティエレス

 

ボラノスが終始試合コントロールしてたイメージ。グティエレスの攻撃パターンを読み、左オーバーハンドぎみのフックを当ててボラノスが余裕を持ってKO。

ボラノス然りピコ然り、ベラトールは生え抜き選手をどんどん育てていってるみたいで、そこはUFCと色分けされてますね。

別団体からもどんどん参戦してるんですけど、そういった選手らとガンガン対決してくれるとより楽しめますね(^^)

○ガストン・ボラノス KO


f:id:frankmir:20180930113508j:image

ケリー・メレンデス×ダコタ・ジマーマン

 

メレンデスはキックからの総合へ。

ジマーマンは今回がプロデビュー。

序盤からメレンデスの試合になってて「相手弱ぇーな」なんて観てたら三角→腕ひしぎと一気に形勢逆転。いいね、こうでなくちゃ。

しかしながら極まらず。

2R、ジマーマンは序盤からテイクダウンを狙うがメレンデスケージ際で粘り、膠着状態が続く。

何としても寝かせたいジマーマンと打撃で攻めなければ危ないと考えたメレンデス。

メレンデスの膝が効いたかに見えたが、2Rはここで終了。

3R、ジマーマンが念願のテイクダウンに成功するがケージを上手く利用しメレンデスがスイープ。

両者自分の試合展開が出来ないまま3Rが終了。

結果はスプリットでメレンデスの勝利。

印象としては確かにメレンデスが勝ってたかな。

○ケリー・メレンデス 判定


f:id:frankmir:20180930120137j:image

アーロン・ピコ×レアンドロ・イーゴ

 

ベラトールで3連勝中、スター性もあり「調子」に乗っているピコ。

ここで待ったをかけるのは経験を積み結果も残しているイーゴ。

果たしてどちらが勝つのか。

 

蓋を開けてみればピコの圧勝。

ピコ、お前はどこまでイケイケなんだ!

打撃でイーゴを圧倒。レフェリー、止めるの遅かったんやないか?

こんだけ強い奴がデビュー戦で情けない負け方したとは思えない!笑

ますます今後が楽しみです!!

○アーロン・ピコ KO

 

 

 

今大会よりウェルター級トーナメントが始まります。

出場選手はこちら。

ローリー・マクドナルド20-4-0
ダグラス・リマ29-7-0
アンドレイ・コレシュコフ20-2-0
ジョン・フィッチ30-7-2

ポール・デイリー40-16-2

ネイマン・グレイシー8-0-0
マイケル・ペイジ13-0-0
エド・ルース6-0-0

(リザーブ)
ヤロスラフ・アモソフ20-0-0

ロレンズ・ラーキン19-7-1

顔ぶれが凄い!これは楽しみでしかない!

 

その1回戦第1試合。

f:id:frankmir:20180930123439j:image

ダグラス・リマ×アンドレイ・コレシュコフ

 

この2人、今回戦うのが3回目。

お互い1勝ずつという事で、勝った方が勝利数を上回ります。

 

1Rからコレシュコフのテイクダウン狙いが続き、膠着状態が続く。リマの腰が強くなかなかテイクダウンを奪えない。

2R以降はリマのローで足を削られ、苦し紛れでテイクダウンを奪おうとするもリマのディフェンスにより奪えず。

会場からはブーイング。

以降もコレシュコフは方向性が見えないまま戦う事となり、4R終盤にリマの右ストレートを被弾しふらつく。

5Rに試合は動く。

コレシュコフが最後狙いにいったテイクダウンも上からガブられバックをとりリアネイキッドチョーク。

コレシュコフ、タップせず耐えるも失神し1本負け。

リマの完全なる勝利。2回戦進出。

 

○ ダグラス・リマ 1本


f:id:frankmir:20180930132228j:image

クイントン"ランペイジ"ジャクソン×ヴァンダレイ・シウバ

プライドからのファイター対決。

この2人は今まで3回拳を交えており、

ヴァンダレイが2勝1敗と勝ち越している。

序盤から距離を取りつつパンチを交錯させるおっさん2人。

動きが遅い。笑

ランペイジがプレッシャーをかけ試合の主導権を握っている状況。

2R、ランペイジのオーバーハンドの右がシウバにヒットしダウン、そのままパウンドでランペイジの勝利。

気持ちは伝わるいいレトロファイトでした♪

○クイントン"ランペイジ"ジャクソン KO


f:id:frankmir:20180930143904j:image

ゲガール・ムサシ×ローリー・マクドナルド

 

ミドル級王者ムサシvsウェルター級王者ロリマク。

ロリマクはミドル級の体に上げているが、完璧な仕上がりではない。思うように試合ができるのか不安。

試合が始まるとやはりムサシのペース。

ロリマク、ジャブをかなり被弾。終始ムサシが攻め続け、肘の連打、パウンドでTKO。

何も出来ずに終わったロリマク。

階級差の壁を感じた試合でした。

ゲガール・ムサシ KO

 

さて、午後からはRIZIN13。

引き続きMMAを楽しみます。

RIZIN12 感想


f:id:frankmir:20180826152035j:image

 

明日はいよいよRIZIN13という事で、RIZIN12 の感想。

キックは観てません、女子も観てません。数試合のみの感想です。


f:id:frankmir:20180826152301j:image

両者足を止めての殴りあい。

観てて面白かったです。

最初こそ勢いのよかった侍マークハントですが、マルティネスの方が的確にパンチを当てて、途中からマルティネスは遊んでる様に見えました。

まぁでも漢気のようなものは感じたぞ侍。

○マルティネス KO


f:id:frankmir:20180826152826j:image

アウトサイダー2階級制覇を果たした朝倉未来の登場。

相手はUFC経験者の日沖。

朝倉未来にとっては、RIZINデビューとしても絶対に負けられない試合。

日沖もそう簡単には負けてられない。

 

結果は未来が日沖のテイクダウンに合わせた蹴りで見事勝利。

軌道を変えてのあの蹴りは凄いなぁ。

兄は弟の様にがむしゃらには責めない。

キレイに戦ってた。

朝倉兄弟、楽しみだ。

 

朝倉未来 KO


f:id:frankmir:20180930002241j:image

ストラッサーのねちっこい寝技で確実に住村を追い詰め、1R終盤に肩固めを極め1本勝ち。

住村からしたら何も出来ず失神させられちゃった感じ。

華がないのでイマイチ盛り上がりに欠けるのが残念だが、勝ち続けてほしいね。

 

○ストラッサー  1本


f:id:frankmir:20180930003034j:image

前日の公開計量で元谷を挑発していた祖根。

どんな試合をしてくれるのかななんて観てたけど、特にアグレッシブに打撃で攻める訳でもなくテイクダウン後も逆に元谷にコントロールされる様な感じで、残念だった。

元谷もやたらチョークを狙ってたし。

極まったから良かったけども。

 

○ 元谷 1本


f:id:frankmir:20180930004156j:image

今回がRIZIN初メインの矢地。

相手はシウバの弟子、グスタボ。

8戦全勝試合決定率100%。

序盤からトップギアで攻めるグスタボに圧されるかの様に上手く攻めきれない矢地。

2R、矢地がテイクダウンに成功し腕を取ろうとするもグスタボが立ち上がり攻め続ける。

 

大降りな右フックがクリーンヒットし前のめりに倒れこみKO。

グスタボの勝利。

またまた面白い選手が出てきた。

 

○グスタボ KO

 

グスタボが現れますます面白くなるライト級。

きっと強い奴はまだまだいる。

UFC、ベラトールに負けず、面白いカードをどんどん組んでほしいな。

 

明日はRIZIN13。

今までのRIZINの中では1番良いカードが組まれてます。


f:id:frankmir:20180930010734j:image

やはり堀口vs天心が話題ですね。

個人的には堀口に勝って欲しいけど、果たしてどうなるのだろう。

ともあれ明日が楽しみ。

 

 

 

 

 

 

UFN:モスクワ 感想

f:id:frankmir:20180916031850j:image

 

 


f:id:frankmir:20180916031936j:image

1R。お互い見合う状態。クンチェンコの放った三日月蹴りと左ボディ痛そう・・・。

大きな展開はなし。

2R。開始からお互い手数を出す展開かと思いきや、再び膠着状態となり会場はブーイング。

アウベスの放っている右ローが効いてきたか?

3R。お互い果敢に攻めるも目立った決定打はなし。単調な試合だった。

 

○アレクセイ・クンチェンコ 判定


f:id:frankmir:20180916033834j:image

ヘビー級12位アルロフスキーvs14位アブドゥラヒモフ。

 

ヘビー級の迫力ある試合を楽しみにしてたが、なんとももっさりしたビミョーな試合内容、、

ローブロー2発にしても試合の流れを止める事になり、面白味のない試合だった。

 

○シャミル・アブドゥラヒモフ 判定


f:id:frankmir:20180916041518j:image

ライトヘビー級4位ブラホビッチvs29戦24勝の内全てKOか一本で決めてるクリロフ。

まだまだ若いクリロフ、1Rから果敢に攻めるもブラホビッチに上手く対応される。2Rも上手く攻めきれず、サイドに回ったブラホビッチがクリロフに肩固めを極め、見事1本勝ち。

クリロフはまだ若いので色々経験積んでもっと強くなってほしい!


f:id:frankmir:20180916053108j:image

ヘビー級おっさん対決。

ハントももう44かぁ。

僕が中学生の頃から日本で活躍してたんだもんなぁ。やっぱり応援はしたい。

1R。ハントの右ストレートがオレイニクにヒット、よろめく。特段追撃する訳でもないが、右ストレートが効いてるのかローが効いてるのか、何か様子がおかしいオレイニク。

ここで攻めきれなかったハント、テイクダウンを奪われ後は簡単にチョーク、タップアウト。

悲しくなってきます。哀愁漂うなぁ~。

夜中の3時からという事で頑張って起きて観てたんですが、なーんか全体的に消化不良。

 

次に期待かな。

寝ます、おやすみなさい。

 

しまなみロマンスポルノ~Deep Breath~


f:id:frankmir:20180910111227j:image

 

福岡県 北九州市

9/9(日)5:30 起床

 

この日はポルノグラフィティの20周年ライブという事で地元・尾道市で野外ライブがあるのです。本日はその2日目。

尾道では昨日から雨が降っており、開催自体もあるかどうか不安でしたが、昨日はなんとか開催されたみたい。

 

そして本日。北九州では雨は降っておらず。

ツイッター等で尾道の天気を確認。

かなりヒドイ状況だとの事。

 

開催を信じ6:20北九州を出発。

友達を迎えに行ったりコンビニ寄ったりしてるともう7時に。

 

本日の予定は

北九州→三原駅  車で。

三原駅周辺で駐車場を探す。

三原駅尾道駅 電車利用。

尾道駅→会場 送迎バス利用。

 

ナビで行き先を三原駅にセット。

到着予定時刻は10:30。

結構かかるな。

 

高速に乗って山口県に突入。

おっと、雨が降ってきた。

強まってきた!

 

友達と「ヤバイな~」「大丈夫かね」なんて話ながら現場へ向かう。

ツイッターでは常に情報収集。

こういう時ツイッターって便利。

 

美東SAにてトイレ休憩。

道路状況を確認すると【広島東-本郷】までが雨のため通行止め。

おっと、マジか!!

その影響で三原駅到着が12:40頃に。

送迎バスのチケットを12:30-13:30で購入してるんだけど、バスに乗るまでもかなり並ぶとの事なので、急遽予定変更!!

 

広島駅周辺に車を停める。

広島→新尾道 新幹線利用。

新尾道→会場 徒歩。

 

このプランなら時間は完璧!

広島→新尾道も10:50くらい発の新幹線に乗れる!

 

そうこう考えながら車を走らせてると、雨はだんだんと弱まっていく。

「お!これは大丈夫かもよ!!」なんて事を呑気に話してると、、、

 

尾道市 避難勧告

 

え、マジで??

 

ここからツイッターの様子も変わってきたんです。

 

「避難勧告出てるのにライブするとか」

「荒天中止って書いてるのに開催するの?」

「どうかポルノ2人、関係者、ファンを守るために英断を!」

など、開催する事に対して疑問に感じる人達がどんどん増えはじめてきました。

 

 

チケットを握りしめて遠方から会場まで行くファンからしたら、本当に困った事になった。。

 

でも、公式から中止のアナウンスが発表されるまでは行く!

だって楽しみにしてたから!

 

 

広島駅到着。

雨は降る降る。

 

新幹線のチケット売り場へ行くとかなりの行列が。

ポルノファンもかなり並んでる。

指定席は空いていないが自由席なら買えたので、往復6440円という予定外の出費を支払いながらも可能性を信じて新幹線で新尾道へ。

 

11:30頃 新尾道到着。

駅内はファンでごった返してる状況。

 

雨は強く降ってる訳ではない。

これはライブ出来るんじゃない?!

 

ライブ前にご飯を食べておこうと駅近くのラーメン屋で尾道ラーメンを食べる事に。

 

 

ツイッターで状況確認。

 

 

ポルノグラフィティ、ライブ中止」

 

 

 

 

あぁ、、

そうなるかぁ。

 

 

 

 

 

ラーメン屋での相席の親子は因島からのライブ参戦でした。

息子さんは当時尾道因島が合併した際にポルノのライブに無料招待された小学生でした。

 

ポルノグラフィティが地元でも愛されてる事を実感する事が出来ました。

 

 

覚悟はしてたんですが、悔しいなぁ。

せっかく広島まで来たのに。

この雨だったら出来ると思うんやけどなぁ。

 

そりゃ思いますよ。今回のライブをどれだけ楽しみにしてたか。仕事もこの日の為に頑張れてこれた。活力になってた。それが中止って、、

 

 

 

今回ライブを強行開催してたらどうなってたんだろ。

現地ファンからしたらそりゃ嬉しい。

伝説のライブに参加できた!

 

しかしながらポルノグラフィティは避難勧告が発令されてる中、ライブを行ったという事実が出来上がってしまう。

ただでさえ災害が日本各地であっており、広島も被害を受けてる。ましてや被災地を元気にするためのライブという事でもあるのに、避難勧告が出てる中ライブって、、

 

仮に、ホントに被害があったと考えると恐ろしいです。

 

三者目線で冷静に考えても、今回の決断は決して間違ってなかったと思えます。

 

人間ってこういう状況に立たされた時、ホントに冷静になれないなと思う。

あの時僕は「開催してくれ」とばかり思ってましたもん。

 

 

一夜経った今も悔しさはかなり残ってます。

 

まぁでも、ライブ会場までは行った!

タオルも買った!

これはこれでいい思い出や!

 

ポルノグラフィティのこれからの活躍に更なる期待をしております。

 

UFNリンカーン 感想


f:id:frankmir:20180826113642j:image

 

来月からベラトールがDAZNで配信されるとの事でDAZNに入ってみました。

UFNが観れるんですが、残念ながら日本語実況なし、それに加えてやっぱりナンバリングシリーズが観られないのは悲しいです。

是非ともナンバリングシリーズ配信の復活を願います。

下位ランカーは知らないので、これを機に色々と知れたら嬉しいです。


f:id:frankmir:20180826115106j:image

1Rこそウィリアムズがペースを握ってたものの、2R以降はアンダースのペースに。

判定になるかなーなんて思ってたらウィリアムズの立ち際に強烈な左の蹴りを合わせKO。

まだ手が着いた状態から蹴りを放っていたので反則では?という声もあるが、UFC側は反則として取らなかったので、これもKOカウントで。

○アンダース KO


f:id:frankmir:20180826114839j:image

モラガは6位に対してフィゲイレードは14位、無敗街道真っ只中でフライ級の中でも勢いのある選手の1人。

序盤はお互いの様子を探りあいつつ、寝技での攻防が続く。

2Rは打撃での展開、勢いのあるフィゲイレードの肘がモラガを捕らえ、モラガ1度は立ち上がるもフィゲイレードの怒濤の攻めに崩れ落ちる。

スピーディでスリリングな試合でした。

モラガはベテランファイターとしての位置づけでもあるんですが、こうやって世代交代は進んでいくのね。

○フィゲイレード KO


f:id:frankmir:20180826121655j:image

エレンバーガーはここ数試合負けが多く、この試合では何が何でも勝っておきたい所。

選手紹介の際は対照的な出来事が。

エレンバーガーにはかなりの歓声に対して、バーバリーナにはブーイングが。

どういう試合になるもんかと観てたら、バーバリーナのパンチがエレンバーガーのテンプル、チンと的確に捕らえて圧倒的な勝利を得る。

んー、エレンバーガー自身ももう潮時だとわかっていたのかもね、試合後にはグローブを床に置くパフォーマンスを。

残念ながらリスニングは苦手なので何言ってるか分かんなかったですが、おそらくは引退宣言なんでしょう。

お疲れ様でした。

バーバリーナ KO


f:id:frankmir:20180826123846j:image

14位ヒルvs11位ケイシー。

2人とも比較的アグレッシブに手数を出してたんだけど、決定打がなかった印象。より積極的に攻めていたケイシーが勝負を制した。

○ケイシー 判定


f:id:frankmir:20180826130621j:image

ジョンソンは本日メインのゲイジー戦含め現在3連敗。

フィリは現在2連勝中でここも勝ち、更なる勢いにのりたい所。

2R、フィリのTD→チョークで試合が決まったかに思えたけど、何とかエスケープし今度はジョンソンの番、、とまではいかないが要所要所で的確にパンチを当ててたイメージ。

僅差でジョンソンの判定勝ち。その結果にフィリは驚きを隠せず、ブーイングの声も。

勝敗つけるの難しかったやろなぁ。

○ジョンソン 判定


f:id:frankmir:20180826134918j:image

7位ゲイジーは現在2連敗中ながらもその相手はアルバレス、ポワリエといったトップファイター。3試合連続でファイトオブザナイト賞を獲り、まさに名試合製造機。

10位ビックは14戦13勝で現在4連勝中のイケイケファイター。さぁどうなる事か。

 

・・・なんという事や。

衝撃的なKOが出ました。

ビックの距離になりながらも距離をつめて中に入ったゲイジーの右フックがヒット。

ビック、右に反れる様に倒れ失神。

あっという間の出来事でした。

ゲイジーの試合に外れなし、まさにそういっても過言ではない試合を今回も見せつけてくれました。

○ゲイジー KO

 

 

いやー格闘技はやっぱりいいですね。

最高でした!

どんどん選手を覚えていきたいですわ!