ポルノグラフィティ「キング&クイーン/Montage」感想

f:id:frankmir:20170913234944j:image

 

眠いですね。

最近眠い。いっつも眠い。

 

ポルノが新曲を出しました。

今回もダブルA面シングルです。

 


ポルノグラフィティ 『キング&クイーン/Montage』(YouTube ver.) - YouTube

 

簡単ですが感想どーぞ(^-^)

 

01.キング&クイーン

バレーの応援ソング。いっつもジャニーズが担当してるイメージだったけど、今回はポルノなのね。嬉しいです。

THE爽やか。

歌詞が直球ドストライクで一切変化を加えてないんですが、それが潔くて清々しい!

メロディも聴いてて気持ちがいい。

まぁタイアップ曲だし、これくらい分かりやすい曲もいいんじゃないのかな。

まず昭仁の得意分野だしね。

 

02.Montage

最初「音楽の日」で聴いた時、「また晴一の狙った曲か~♪晴一め~♪」と知った様な感じで聴きながらも、内心「んーどうだろ」とビミョーな感じでした。

 

2回、3回と聴いていく内に「モンタッモンタッ♪」が耳から離れなくなって、イントロもめっちゃカッコいいんです。

 

はっきり言って意味不明な歌詞なんですが、なんか励まされてるのは分かる!笑

 

03.夕陽の色

「夕陽」といえばポルノ最高峰の名曲「夕陽と星空と僕」を連想するけど、この「夕陽の色」は名曲となれるのか。

 

女々しい曲です。

昭仁は得意だね。

昭仁って女々しいのかな。 

夕陽と星空と僕」も失恋の歌なんだけど、こっちは悲しみに暮れながらも立ち直ろうという姿が伺える。

「夕陽の色」は悲しみの真っ只中。

時系列的に「夕陽の色」→「夕陽と星空と僕」なんだと、勝手にイメージしながら聴いてます。 

ただ普通に聴くよりも、意外と違った形で楽しむ事が出来るんです。

 

今回のシングルは、昭仁の作る曲、晴一の作る曲、両方の得意な所を同時に楽しめる、そんな1枚になってます。

 

是非とも聴いてみてください。

 

ではおやすみなさい。

いよいよ明日!メイウェザーvsマクレガー

f:id:frankmir:20170826212121j:image

 

いよいよ明日、メイウェザーvsマクレガー「世紀の一戦」が行われます。

 

この一戦、何がそんなに凄いのか?

メイウェザー?マクレガー?

誰だそれ。

そんな方のために、簡単に両選手のプロフィールを見てみましょう。

 

フロイド・メイウェザー・ジュニア
f:id:frankmir:20170826212953j:image

 

ボクシング知識に関しては素人なんですが、メイウェザーはモチロン知っています。

 

彼はボクシング界のレジェンドの一人と言っても過言ではありません。

 

(アマ)90戦84勝6敗

(プロ)49戦49勝0敗

5階級王者

 

まったく、、恐ろしい男です。

 

対戦相手も噛ませ犬を選んでる訳ではない様ですし、以前の「世紀の一戦」ではパッキャオにも勝利しています。

(期待に反してしょうもない試合だったみたい)

というか何回「世紀の一戦」あるんだ。笑

 

彼はアウトボクサーで、ディフェンスが非常に上手いとの事。

 

華麗に舞う姿を是非とも観たい所です。

 

⚫コナー・マクレガー
f:id:frankmir:20170826214759j:image

 

彼はUFCの二階級覇者で、口の悪さと格闘センスは抜群。

 

24戦21勝3敗

2階級王者

 

メイウェザーの戦績と見比べてしまうとどうしても劣ってしまいますが、UFCでこの戦績は素晴らしいのではないでしょうか。

 

また、21勝の内、18勝がKOで1勝が1本と、非常に高いKO率を誇ります。

 

vs前ライト級王者レディ・アルバレスとの試合は圧倒的実力差を見せつけた試合となりました。

 

vs前フェザー級王者ジョゼ・アルドとの試合では、その神がかった当て勘に視聴者皆感動した事でしょう!

 

両者の強さは分かりました?

そう、この試合の凄さは

レジェンドvsカリスマ

の一戦なんです。

 

ではルール。

メイウェザーはボクサーです。

マクレガーはMMAファイターです。

 

ルールが全然違います。

 

異種格闘技では必ずルールで揉めるんですが、今回はなんとボクシングルール。

 

ボクシングルールを受けたマクレガー、個人的にこの時点でもうマクレガーの勝ちなんじゃないか?!笑

 

 総合格闘技が好きなので、今回の試合もマクレガーを応援しています。

 

今回の勝敗はメイウェザーの勝ちという声が圧倒的に多いし、僕もそう思いますし、それが普通でしょう。

 

相手の土俵で戦うんですから。

 

でもね、マクレガーなら何かやってくれるんじゃないか。

総合ファンは皆そう思ってるはず。

 

ともあれ、明日この世紀の一戦が始まるのです!

これは見逃せませんね!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、でもこの試合、地上波では放送しないんだった。笑

 

DAZNというネット配信サービスで生中継との事。

 

 

 

俺もDAZN,登録してないな~。笑

 

 

頑張れマクレガー!

 

 

 

 

Aクラスに行け行けジャイアンツ

f:id:frankmir:20170821215032j:image

 

巨人現在4位。

 

借金1。

 

3位横浜との差は2。

 

2位阪神との差は6.5。

 

先日の横浜戦では見事に3タテを決める事ができました。

 

明日からの中日戦でも勢い落とさず勝ち続けてほしい所。

 

ジャイアンツプライドとしてAクラスには絶対に入らなければいけないのです。

 

陽岱鋼を1番に置いた事で打線が活気づきました。

 

陽のヒットに応える2番マギー。

 

クリーンナップは坂本阿部村田。

 

クリーンナップ後も長野という脅威。

 

7番に亀井を置いて下位打線も強力に。

 

他球団からするとかなりプレッシャーの掛かる打線でしょう。

 

石川と重信、岡本は積極的に使ってほしい。

 

 

 問題は小林。

WBCでは打てたかもしれませんが日本で打たないと意味がないんだよ。。。

バントも下手くそだし、ここはもう宇佐見に変えるというのもありなんじゃないか?!

 

ピッチャーは菅野田口マイコラスがいるので頼もしい。

 

裏ローテは高木勇畠池田で行きましょう。

 

リリーフはマシソン山口鉄西村宮國

 

抑えでカミネロ澤村

 

 

 

CSには絶対に行かなければいけないのです。

 

行けばなんとかなる!笑

 

広島と相性のいい高木勇人もいます、畠も頑張ってます!

広島にも勝機はあると思う!

 

まずは横浜に勝ってAクラスに、そして阪神に勝って2位!!

あわよくば広島まで食っちゃおうぜ!!

 

諦めたらあかんのです、ここから勝負です。

 

頑張れジャイアンツ~!!

Mr.Children「himawari」 感想

f:id:frankmir:20170817222628j:image

今更ながらミスチル新曲「himawari」の感想。

 

聴く前は「タイトルからして優しいバラードかなぁ」なんて思ってていざ聴いてみたら、まぁなんとカッコいい重厚なサウンド!

 

ミスチルは定期的にこういう曲をリリースしてくれるから昔からのファンも逃がさない。

 

まずAメロの「優しさの死化粧で~♪」部分。真っ先に感じた事があります。

「渇いたkissに似てる!!」

そう思うの僕だけかな?なんて思いながら調べてみると、やっぱり「渇いたkissに似てる」って声が多く挙がってました。

 

まぁそれはいいとして。笑

 

歌詞が暗いねぇ~。

辛いねぇ~。

 

歌詞が基本的に過去形という所から、過去の人に対して歌った曲ですね。

そしてこの歌を主題歌にしてる「君の膵臓を食べたい」は、まさにそんな感じの映画らしい。

 

前作「ヒカリノアトリエ」とは180度違う曲、こういう幅広い曲を作ってくれるミスチルに感謝。

 

「透き通る程真っ直ぐに明日へ飛び出す君を見て眩しくて綺麗で苦しくなる」

そりゃそうだ、残される人間ほど苦しいものはないですね。しかもそれが明日へと真っ直ぐに生き抜こうとする姿なんて見せられた日にゃあもう。

 

「暗がりで咲いている向日葵 嵐が去った後の陽だまり そんな君に僕は恋してた そんな君を僕はずっと」

暗い場所に咲く向日葵、そこにはもう陽が当たる事はなく、向日葵が無くなった後に陽だまりが出来てしまうという皮肉。

 

僕の回りにはこういった境遇に立っている人はまだいませんが、もしそういう人が近くにいたら、この曲聴けないと思う。

 

そのくらいハード。

 

「himawari」がヘビーすぎて「忙しい僕ら」が頭に入ってこんよ。

 

「忙しい僕ら」は良い事があろうが嫌な事なあろうが時は進んでいくもので、自身も足踏みはしていられない、的な曲。

 

決して「だから前向いて行こうぜ!」みたいなポジティブシンキングソングではなく、それが必然、って事を歌ってる曲。

 

次カラオケ行く時は、皆!感動与えてあげるで!「himawari」聴いてくれ!

ってな感じで自分の世界に浸りながら熱唱します。

山中慎介が負けたらしい

f:id:frankmir:20170816213741j:image

WBC世界バンタム級王者山中慎介が負けたらしい。

 

12連勝で今回勝てば13度目の防衛となり、具志堅と防衛記録タイとなる。

 

期待高まる中、実際に戦ってみるも4回TKO負け。

 

セコンド側がタオル投入のため決着がついたのだが、会長や本人は「まだやれた」「早すぎる」などこの結果に納得いってない様子。

 

しかしながらトレーナーによるタオル投入は本当に早かったのか。

 

僕はボクシングの知識があまりないので、何ともいえないけどガードが下がりっぱなしだったのはなんでだろう。

 

なぜクリンチしない?

 

それだけ真っ向勝負に出たと見れるけど、逆も然り。

 

足もフラつき、挑戦者ネリのパンチが何度も当たり山中のパンチはほぼ当たらず。ダッキングするのがやっとで手数も減り、苦し紛れの左数発。

 

これじゃレフェリーから止められるのも時間の問題だが、残り30秒の所でタオル投入。

 

あの状況があと30秒続くのもかなり過酷。

 

「ここから逆転してたのに 」

「このラウンド凌げたら行けた」

 

根拠のない憶測が飛び交っている今回の試合、竹原や具志堅も「タオル投入はまだ早かった」と口にしてるが、今回は誰よりも山中の事を見ているトレーナーのタオル投入が正しかったと思うしかないのである。

 

 

 

 

そして私は思うのである。

メイウェザーvsマクレガー。

マクレガーがKO勝ちしてくれたらどれだけ嬉しい事か。

現実的に考えるとマクレガーは負けるだろう、蹴りもグラウンドもない。けど彼の神がかった当て勘、何%かは期待してもいいんじゃないか。

UFC代表として、総合格闘技代表として是非ともメイウェザーに一発食らわせてほしい所である。

 

 

 

これがポルノの最強ソングじゃあッ!30選


f:id:frankmir:20170809230916j:image

音楽を聴くのが好きで、昔から色々なアーティストの曲を聴いてるんですが、ポルノグラフィティはホントに小さな頃から大好きで。

 

そんな私が教えます、ポルノグラフィティの最強ソング!

なるべくポルノビギナーでも聴きやすい名曲を選曲してます。

上がる10曲+バラード10曲+その他10曲!

計30曲!!どーぞ!

 

①上がる10曲

 

ミュージック・アワー


ポルノグラフィティ 『ミュージックアワー』(つま恋ロマンスポルノ'11~ポルノ丸) - YouTube

この映像が全てを物語っています。

まずは観てください、最高ですから。

ポルノ最強ソング代表格ですね。

 

ハネウマライダー


ポルノグラフィティ 『ハネウマライダー』(横浜ロマンスポルノ'06~キャッチザハネウマ~) - YouTube

ミュージック・アワー」の映像観てテンション上がった方はこれを観てください。

もうノックアウト間違いなしです。

 

⚫2012Spark


ポルノグラフィティ 『2012Spark』(PANORAMA×42 SPECIAL LIVE PACKAGE) - YouTube

カッコよすぎるシングル曲。当時はリピートしまくりで最後の大サビは聴くたびに痺れました。とにかく歌詞が秀逸。カッコよすぎますよ晴一さん!!

 

⚫オー!リバル


ポルノグラフィティ 『オー!リバル(Short Ver.)』 - YouTube

近年では1番有名かな?

私自身思いました、「あまりにも凄い名曲キターーッ!」って。

「もっと別の場所で 何気ない場面で もし会えていたなら どうだっただろう 手と手を取りあえたかな」ベストフレーズです。

 

⚫THE DAY


【色情塗鴉】THE DAY-現場版in台灣 我的英雄學院 完整OP【PG中字】 - YouTube

「オー!リバル」後のシングル。

こんなにもカッコいい歌を40過ぎのおっちゃんがカッコよすぎる歌声で歌えるのが凄い。

これがポルノじゃ!

 

⚫ジレンマ

アルバム「ロマンチスト・エゴイスト」収録。必ずライブの最後に歌う定番曲。

最後の最後まで盛り上げる、これがポルノグラフィティ

 

⚫PRIME

ミュージック・アワー」のカップリング曲。かなりはっちゃけた曲で、若かりし頃のポルノを十分に堪能できる。

 

⚫Century Lovers

アルバム「ロマンチスト・エゴイスト」収録。ライブ定番曲。曲に行き着くまでの「FuーFuー♪」が長い。笑

 

⚫Sheep~song of teenage love soldier~

「黄昏ロマンス」カップリング。タイトルの通り、10代の頃の淡い恋愛を歌った曲だけど、これがいいんだまた。

学生時代に戻りたくなる事間違いなしな1曲。

 

⚫Ohhh!!!HANABI

アルバム「ライノセロス」収録。

 
ポルノグラフィティ 『Ohhh!!! HANABI』(Short Ver.) - YouTube

最初聴いた時、まさか晴一が作詞だとは全く思わなかったなぁ。昭仁作詞作曲かと思った。まぁそんなん抜きにして、とにかく盛り上がれる曲。

 

②バラード10曲

愛が呼ぶほうへ


ポルノグラフィティ 『愛が呼ぶほうへ(short ver.)』 - YouTube

ポルノのバラードといえばこれでしょう。

「愛情」目線で歌うという、晴一だからこそ書ける歌詞。最高です。

 

ゆきのいろ


ポルノグラフィティ 『ゆきのいろ(short ver.)』 - YouTube

ポルノってバラード曲もシングルとして発売してるんだけど、正直有名なのは「愛が呼ぶほうへ」くらい。僕も「ポルノのバラードはシングルよりアルバム、カップリングのバラードの方がいい」と思ってるんだけど、「ゆきのいろ」はかなり好き。

 

⚫Swing

「ヴォイス」カップリング曲。

恋人との別れの歌で、情景が目に浮かびやすい。

「結局二人は空っぽだったね」この歌詞が切ないな~。恋って冷酷ですね。

 

夕陽と星空と僕


ポルノグラフィティ 夕陽と星空と僕 live - YouTube

ポルノバラードの傑作曲だと思う。

この歌も失恋ソングなんだけど「Swing」とは違い、こっちの方がまだ暖かみがある。

是非とも聴いてほしい1曲。

 

⚫小説のように

「黄昏ロマンス」カップリング曲。

自分の恋愛と小説をリンクさせた歌詞なんですけどね。

メロディ、歌詞ともに悲しすぎる。

昭仁の歌声に女性はトロける事でしょう。

 

⚫横浜リリー

アルバム「m-CABI」収録。

港町で暮らす女を歌った物語なんだけど、登場する男性が何者かがよく分からない。ヤクザっぽい様な感じは臭わせてます。

メロディが素晴らしいです。

 

⚫ライン

アルバム「m-CABI」収録。

ファンの間でも評価の高い曲。

女々しい部分を全面に押し出した男性の心情を描いてるんですけど、、めっちゃ分かる!

共感できるだよこれが!

片思い→失恋を経験した事ある人なら必ず共感できます。

 

⚫そらいろ

アルバム「ポルノグラフィティ」収録。

離ればれになった友情をテーマに歌った曲。

あんまり高い評価は聴かないんですが、僕は「素直にいい歌だなぁ」って思います。

最後の「カーモーーンッ」はめっちゃ長いですが。

 

⚫むかいあわせ

「瞬く星の下で」カップリング曲。

近年では最高級のカップリング曲だと個人的に思ってます。

上記の曲とは違い、誰に対しての歌なのか具体的な所は書いてません、自分の心に対しての歌だと思いながら聴いてます。

 

⚫ルーズ 

「カゲボウシ」カップリング。

 ポルノファンの中でも絶大な人気を誇る曲。

「シングルよりいい!」なんて言われる程の評価。

恋人との関係が崩れていく過程を歌詞にして表してる。

悲しくも壮大な名曲。

 

③その他

⚫シスター


ポルノグラフィティ 『シスター』(横浜ロマンスポルノ'06~キャッチザハネウマ~) - YouTube

ベースのTamaが抜け、昭仁と晴一の2人体勢となった心機一転1発目のシングル。

異国情緒漂うメロディ、哀愁溢れる歌詞、見事にマッチした名曲。

 

⚫黄昏ロマンス


ポルノグラフィティ 『黄昏ロマンス(short ver.)』 - YouTube

ポルノのシングルの中で1番好きなPV。

その理由を、昔からのポルノファンは十分に理解してくれると思う。

それをここで書く必要はないけど、モチロン曲も素晴らしくて、当時中学生だった僕には理解出来なかった歌詞が今では分かる。

大人な歌。笑

 

瞳の奥をのぞかせて


ポルノグラフィティ 『瞳の奥をのぞかせて(short ver.)』 - YouTube

大人なポルノたっぷりのセクシーな曲ですね。

「ポルノのシングルで1番好きな曲ってなに?」と聴いて「瞳の奥をのぞかせて」と答える人がいたら、その人とは親友になります。笑

知る人ぞ知る、最強の隠れた名曲。

 

⚫ラビュー・ラビュー

アルバム「ロマンチスト・エゴイスト」収録。

出だしが「ミーントティーにっ♪」だからもう、全体的に爽やかなんです。

聴いてると癒されます。

 

オレ、天使

アルバム「foo?」収録。

タイトルの通り、天使目線で世界を見た歌。

中二感丸出しで、カッコいい。

さすがはアニメタイアップが多いだけの実力はある。

 

⚫Aokage

アルバム「雲をも掴む民」収録。

「ラビュー・ラビュー」同様、癒されるほのぼのとした名曲。

日常のワンシーンを切り取っており、情景が目に浮かびます。

タイトルはポルノの出身地・因島に実在する青影トンネルから。

 

⚫カルマの坂

アルバム「WORLDILLIA」収録。

これぞ晴一の真骨頂!という高レベルな歌詞。歌詞が物語になっており、結末はボンヤリしたまんま。そこに晴一の才能を感じる。

また歌詞とメロディがピッタリなんですよ。たまりません。

 

⚫天気職人

「シスター」カップリング曲。

カップリングの中では1番好きかな。

聴いてもらうと分かります、全てがいいです。歌詞の世界観も、メロディも。

YouTubeでキレイではないですが動画がアップされてます、観てください。

 

⚫うたかた

中華風のメロディと切ない歌詞、昭仁は切ない歌詞を書くのが得意ですね。

片思いをしており、一生懸命努力するんですが、ダメだったって感じの歌。

最後の「せめてしんと眠りに就かせて」、最近切ないメロディーに弱いなぁ。。

 

⚫グッドニュース

Love,too Death,too」カップリング曲。

単純な曲。単純だからこそいい曲。

こんなにニヤリと出来る曲も珍しい。

「恋人が出来ました」「蒔いた種が芽を出しました」「ありがとうって言えました」「愛してるって言われました」この部分のみで使われてる報告口調がよりいっそうこの歌を良くしてる。

 

 

・・・さて、ホントなら全曲音源付きで紹介したい所なんですが、ムリでしたね。

ポルノグラフィティはマジで名曲揃いです。

是非とも聴いてみてください。

 

 

RIZIN2017 夏の陣 感想


f:id:frankmir:20170730221310j:image

RIZIN2017 夏の陣、見ました~。

 

今回はGYAOでのPPVを購入までして観ました。

しかしながら第1試合を観る事が出来ず💦

以下、感想です。

 

 

第1試合 勝者 アルブレックソン
f:id:frankmir:20170730221909j:image

打撃vs寝技対決です。

実際の試合を観た訳ではありませんので、何ともいえませんが今回はアルブレックソンが余裕を持って勝利を勝ち取ったみたい。

 

オークストリス残念。テイクダウンの対応力をもっと磨いて再び日本で会いましょう。

 

第2試合 勝者 真珠オークライヤー
f:id:frankmir:20170730222246j:image

 まず最初に言いたい事は、彼女達の試合を頭と終わりの計2度もテレビで流してはいけないよ!

まだMMA歴が浅い選手達の試合をゴールデンの放送で流すなんて、話題性が欲しいとはいえ、これじゃあRIZINのレベルの低さを地上波に乗せて垂れ流してる様なもの。

確かに他の試合でもMMA初心者は多いけど、この試合に関しては視聴率を気にしすぎ!

相手もなんだこの噛ませ犬は!笑

よく連れてきたな!!

榊原さん勘弁してくださいよ💦

 

第3試合 勝者 カリッド・タハ
f:id:frankmir:20170730223441j:image

 バンタム級トーナメント1試合目。

石橋は修斗の代表として参戦しているので、このタハとかいう選手には絶対に勝ちたい所。

序盤から石橋のペースで「タハとかいう選手も結局は噛ませ犬かよ」なんて思ってたら、1R終盤のタハによる膝蹴りから石橋一気に劣勢、パウンドで完全に意識飛んでましたね。

タハの勝ちなんですが、実力はまだ未知数。

今後に期待です。

 

第4試合 勝者 大塚隆史
f:id:frankmir:20170730224342j:image

ん~、バーチャックもここまでか。

前回の川尻戦、今回の大塚戦ともにこれがバーチャックの本当の実力であるとしたら、RIZINを盛り上げる選手の1人にはなり得ませんね。

何より2R以降からのスタミナ切れ。

練習不足でしょうか、、

トーナメントとしても、ここはバーチャックが楽に勝って上がった方が絶対に盛り上がったのに。残念。

個人的にはバーチャックが勝ったかなと思ったんですが、KOもしくは1本勝ちじゃなきゃ文句は言えませんね。

 

第5試合 勝者 山本美憂
f:id:frankmir:20170730224852j:image

何故この試合を地上波で放送したのか。

山本美憂が判定勝ちをおさめたんですが、面白くない試合でした。

40歳を越えてる山本美憂の伸びしろ、、

ごめんなさい、興味ないです。

 

第6試合 勝者 矢地裕介
f:id:frankmir:20170730225218j:image

新旧対決ですね。

矢地強いなぁ~。北岡のテイクダウンをかわし、取られてもすぐに体勢立て直し、終始北岡のペースにはさせませんでした。

北岡も打たれ強いなぁ。意地なんでしょうね。精神力強すぎです。

こういう試合をどんどんマッチメイクしてほしいな!

やっちくんはどんどんスターへの道をかけ上がってほしいですね!

 

第7試合 勝者 那須川天心
f:id:frankmir:20170730230625j:image

予想通りの展開すぎて逆にビックリです。

キザえもんよ、天心に自ら挑むその心意気だけは素晴らしいと思います。

天心の強さには感服致します。

日本1のキックボクサーを決めるという意味でも、武尊との試合は避けて通れません。個人的にはRIZINでキックボクシングをしても気にならないんですが、あとはキックボクシング協会(あるのかな?)と話してRIZINで天心×武尊のマッチメイク権を得てください。

 

第8試合 勝者 KINGレイナ
f:id:frankmir:20170730231156j:image

 KINGレイナの判定勝ち。

彼女の面白い所は相手の土俵でも真っ向勝負する所。

ワンパターンのオーバーハンドフックで応戦するんですが、狙いすぎでそりゃなかなか当たらんよ。笑

最初から寝技で攻めてたら1本は堅いのではないでしょうか。

だからこそKINGレイナに合った階級を作る必要はあるのかもしれませんね。

 

第9試合
f:id:frankmir:20170730231555j:image

開始直後、相手のパンチを捌こうと左手を前に出すギャビ、その手が相手の目に入ってしまい一時中断、続行は不可能との事でノーコンテスト

2試合連続でのノーコンテストとなったギャビ。

この展開が彼女にとってどういった影響をもたらすのか。

 

第10試合 勝負 アリアックバリ
f:id:frankmir:20170730231836j:image

試合前からの記者会見でも、舌戦を繰り広げあやうく乱闘になりかけたこの二人、もっとバチバチの殴りあいが見られるのかなと期待してたんですが、二人とも落ち着いてて、アリアックバリのボクシングでKO。

打撃も上手くなってます。

タイラーに関しては、最初から下半身の動きに違和感を感じました。

あれじゃ勝てんでしょう。

 

第11試合 勝者 堀口恭司
f:id:frankmir:20170730232204j:image

所にも期待はしていたんですが、蓋を開けてみると堀口の圧倒的勝利

タハ、大塚では話にならんでしょう。

とにかく、圧倒的な強さ。

最高です。

RIZINを引っ張っていくのは彼しかいません。

 

テレビに関しては相変わらず謎の編集でした。

 

バンタム級トーナメントの事なんかほぼ触れてませんでしたやん。

これじゃテレビでトーナメント扱う際も盛り上がりづらいんじゃないの?

 

まぁそこら辺、テレビ側は関係ないんで問題ないのか。笑

 果たしてMMAの面白さ、格闘技の魅力がお茶の間の皆さんに伝わったのでしょうか。

そうでなければ、地上波から姿を消すのも時間の問題かなぁ。

 

 

文句言いつつもやっぱり格闘技は面白いですね。

 

UFCでもジョンジョーンズがコーミエを下し王座奪還した様ですし、ジャイアンツも逆転サヨナラで勝ったみたいだし、とても充実した1日でした。

 

 ps.前回の記事の勝敗予想の結果は11試合中8試合が的中しました♪