ベラトール206 感想


f:id:frankmir:20180930112604j:image

ベラトール206感想です(^^)


f:id:frankmir:20180930112742j:image

ガストン・ボラノス×イシドロ・グティエレス

 

ボラノスが終始試合コントロールしてたイメージ。グティエレスの攻撃パターンを読み、左オーバーハンドぎみのフックを当ててボラノスが余裕を持ってKO。

ボラノス然りピコ然り、ベラトールは生え抜き選手をどんどん育てていってるみたいで、そこはUFCと色分けされてますね。

別団体からもどんどん参戦してるんですけど、そういった選手らとガンガン対決してくれるとより楽しめますね(^^)

○ガストン・ボラノス KO


f:id:frankmir:20180930113508j:image

ケリー・メレンデス×ダコタ・ジマーマン

 

メレンデスはキックからの総合へ。

ジマーマンは今回がプロデビュー。

序盤からメレンデスの試合になってて「相手弱ぇーな」なんて観てたら三角→腕ひしぎと一気に形勢逆転。いいね、こうでなくちゃ。

しかしながら極まらず。

2R、ジマーマンは序盤からテイクダウンを狙うがメレンデスケージ際で粘り、膠着状態が続く。

何としても寝かせたいジマーマンと打撃で攻めなければ危ないと考えたメレンデス。

メレンデスの膝が効いたかに見えたが、2Rはここで終了。

3R、ジマーマンが念願のテイクダウンに成功するがケージを上手く利用しメレンデスがスイープ。

両者自分の試合展開が出来ないまま3Rが終了。

結果はスプリットでメレンデスの勝利。

印象としては確かにメレンデスが勝ってたかな。

○ケリー・メレンデス 判定


f:id:frankmir:20180930120137j:image

アーロン・ピコ×レアンドロ・イーゴ

 

ベラトールで3連勝中、スター性もあり「調子」に乗っているピコ。

ここで待ったをかけるのは経験を積み結果も残しているイーゴ。

果たしてどちらが勝つのか。

 

蓋を開けてみればピコの圧勝。

ピコ、お前はどこまでイケイケなんだ!

打撃でイーゴを圧倒。レフェリー、止めるの遅かったんやないか?

こんだけ強い奴がデビュー戦で情けない負け方したとは思えない!笑

ますます今後が楽しみです!!

○アーロン・ピコ KO

 

 

 

今大会よりウェルター級トーナメントが始まります。

出場選手はこちら。

ローリー・マクドナルド20-4-0
ダグラス・リマ29-7-0
アンドレイ・コレシュコフ20-2-0
ジョン・フィッチ30-7-2

ポール・デイリー40-16-2

ネイマン・グレイシー8-0-0
マイケル・ペイジ13-0-0
エド・ルース6-0-0

(リザーブ)
ヤロスラフ・アモソフ20-0-0

ロレンズ・ラーキン19-7-1

顔ぶれが凄い!これは楽しみでしかない!

 

その1回戦第1試合。

f:id:frankmir:20180930123439j:image

ダグラス・リマ×アンドレイ・コレシュコフ

 

この2人、今回戦うのが3回目。

お互い1勝ずつという事で、勝った方が勝利数を上回ります。

 

1Rからコレシュコフのテイクダウン狙いが続き、膠着状態が続く。リマの腰が強くなかなかテイクダウンを奪えない。

2R以降はリマのローで足を削られ、苦し紛れでテイクダウンを奪おうとするもリマのディフェンスにより奪えず。

会場からはブーイング。

以降もコレシュコフは方向性が見えないまま戦う事となり、4R終盤にリマの右ストレートを被弾しふらつく。

5Rに試合は動く。

コレシュコフが最後狙いにいったテイクダウンも上からガブられバックをとりリアネイキッドチョーク。

コレシュコフ、タップせず耐えるも失神し1本負け。

リマの完全なる勝利。2回戦進出。

 

○ ダグラス・リマ 1本


f:id:frankmir:20180930132228j:image

クイントン"ランペイジ"ジャクソン×ヴァンダレイ・シウバ

プライドからのファイター対決。

この2人は今まで3回拳を交えており、

ヴァンダレイが2勝1敗と勝ち越している。

序盤から距離を取りつつパンチを交錯させるおっさん2人。

動きが遅い。笑

ランペイジがプレッシャーをかけ試合の主導権を握っている状況。

2R、ランペイジのオーバーハンドの右がシウバにヒットしダウン、そのままパウンドでランペイジの勝利。

気持ちは伝わるいいレトロファイトでした♪

○クイントン"ランペイジ"ジャクソン KO


f:id:frankmir:20180930143904j:image

ゲガール・ムサシ×ローリー・マクドナルド

 

ミドル級王者ムサシvsウェルター級王者ロリマク。

ロリマクはミドル級の体に上げているが、完璧な仕上がりではない。思うように試合ができるのか不安。

試合が始まるとやはりムサシのペース。

ロリマク、ジャブをかなり被弾。終始ムサシが攻め続け、肘の連打、パウンドでTKO。

何も出来ずに終わったロリマク。

階級差の壁を感じた試合でした。

ゲガール・ムサシ KO

 

さて、午後からはRIZIN13。

引き続きMMAを楽しみます。